SIRIUS(シリウス)の使い方講座16|YouTube動画の埋め込み方法

 

シリウスにYouTube動画を埋め込む方法を解説します。

 

まずは埋め込みたいYouTube動画を開きます。
動画の下にある「共有」をクリックします。

 

リンクの共有で「埋め込む」をクリックします。

 

動画の埋め込みタグをコピーします。

 

埋め込みタグを貼り付けると、このように動画が埋め込まれます。
↓↓

 

しかし、この状態だとPCではちゃんと表示されますが、スマホなどでは画面が大きすぎてはみ出してしまいます。

 

 

今はPCよりもスマホからのアクセスのほうが一般的に多いです。
YouTube動画もスマホ対応させておく必要があります。

 

YouTube動画をスマホ対応にする方法

シリウスでは、簡単にYouTube動画をスマホ対応にすることができます。

 

YouTube動画の埋め込みタグを貼り付けて選択した状態で右クリック。
「パーツ挿入」の「YouTube・Googleマップのタグ」をクリックします。

 

スマホ対応のタグが挿入されます。

 

スマホなどの小さな画面でもYouTube動画がはみ出さずに表示されます。

 

実際の動画はこちら
↓↓

 

埋め込みオプション

 

「開始位置」にチェックを入れると、選択されている位置から動画が開始されます。

 

12分25秒の位置から動画が開始されます。
↓↓

 

「プレーヤーのコントロールバーを表示する。」のチェックを外すと、コントロールバーが消えます。

 

 

 

コントロールバーを消した動画
↓↓

 

「プライバシー強化モードを有効にする」にチェックを入れるとプライバシーモードが強化されます。

 

視聴者のトラッキング、Cookieを使用しないで動画を埋め込むことができます。
再生中の動画と関連性のあるおすすめ動画が表示されます。

 

たとえばアニメ好きな人の場合、動画を視聴するとアニメ関連の動画がおすすめで表示されます。
プライバシー強化モードを有効にしておくことで、アニメではなく再生した動画に関連する動画がおすすめで表示されます。

トップへ戻る